トップへ戻る

子供が起きられない原因が分からない時はどうする!?(Yさんの場合)

Yさんの子供さんもある日突然朝起きられなくなってしまったそうです。起きられない原因も分からず、途方に暮れていた時に当サイトを見つけ訪問していただいたとのことでした。
当サイトに掲載されている「子供が起きられない原因」や実際に子供さんが起きられなくなった様々なケースの体験談をご覧いただき、ご自身の子供さんの症状と照らし合わせ原因究明の一助になったとのことで、人づてに御礼をいただきました。

 

せっかくなので、子供さんが起きられなくなった症状や原因解明までの経緯を当サイトに掲載させていただけないか相談したところ、快くOKをいただきましたのでご紹介したいと思います。ぜひご覧ください。

子供が起きられない原因が分かりませんでした。

以下、Yさん主観でのお話になります。

 

私の子供は中学生に上がった頃からなぜだか朝起きるのが苦手になりました。それまでは普通に朝起きて、朝食を食べても登校時間には余裕があるくらい朝には強い子供でした。
ですが、中学1年生の5月頃から登校時間にギリギリ間に合うくらいの時間に起きるようになり、6月頃には学校にも遅刻してしまう程起きられなくなってしまいました。

 

初めは起きられないのも慣れない学校生活で心身の疲労が溜まってしまったせいだと思い、特に気にも留めていませんでした。そのうち治るだろうと。
ですが、起きられない症状は月を追う毎に酷くなり、夏休みに入る前に不登校になってしまいました。

 

子供の自宅での様子は、朝は起きられず、午後まで寝続けていました。朝に無理矢理起こそうとしてもベッドから起きられず、たまに起きても頭痛がしたり立ちくらみがしたりするので、すぐに横になってしまうといった
状態でした。

 

ですが午後から起きてくると、朝の不調が嘘のように元気になっているので、最初は「仮病かな?」とか、「もしかして学校でいじめられているから行きたくなくて嘘をついて休んでいるのかも?」などと思いました。
しかし子供の話を聞いているとどうやら仮病でもいじめられているわけでも無いようだったので、それはそれで原因が分からず私も子供も困惑してしまいました。

 

困惑

子供が起きられない原因を調べてみた

体調不良も午後には良くなるし、主な問題は朝起きられないということだけだったので、病院へ連れて行くという発想は全くありませんでした。

 

ですがやはり「何か原因や対策方法はあるのか?」と気になるもので、インターネットで子供が起きられない原因について何気なく検索をしてみると、想像よりもはるかに多くのサイトが存在していることに驚きました。
これだけ多くのサイトで子供が起きられない原因について書かれているということは、私が知らないだけで今の子供の症状は一般的なのだろうか?と思ったのと同時に、何か原因が分かる内容が書いてあるサイトがあるかもしれないと思い、色々なサイトを閲覧しました。

 

そんなサイト達の中にこちらのサイトもあり、かなりじっくりと記事を読ませていただきました。

 

衝撃的だったのは、子供が起きられない原因に、気持ちや疲れの問題ではなく”病気”という可能性があるということでした。
サイトに書かれていた「起立性調節障害」という病気が、思春期の子供に起こりやすいという記事を拝見し、うちの子供ももしかしてこの病気では?と感じました。

 

一つのサイトに書かれている情報だけで判断するのもいけないな、と思い他のサイトとも比較してみたのですが、子供の症状はどのサイトに書かれている内容とかなり一致していたので「間違いないな」と思いました。

 

こちらのサイトでも、”まずは専門医の診察を受けましょう”と書かれていたので、体験談を書かれている他のお母さん達に習い睡眠外来を受診しました。
診断結果は予想通り「起立性調節障害」ということでした。

 

病気であったことにはショックでしたが、原因がはっきりしたことで一段落ついたような気持ちになりました。
ここからは「この病気をいかに改善していくか」ということに視点を置けるので、今までのように「起きられない原因が分からない。改善するために何をしていいか分からない」といった暗中模索の状況からは脱出できたんだ、という感想を抱いたことを覚えています。

子供が起きられない原因が分かったので、治療を始めた。

こちらのサイトに掲載されている、他のお母さん達の体験談を参考に治療をしてみようと思いました。
そういった意味で、こちらのサイトには大変感謝しております。

 

実際に同じ「起立性調節障害」になられた子供さんのコラムを読み、同じように「水分を多めに摂らせる」「塩分を多めに摂らせる」「適度な運動をさせる」「サプリメントを飲ませる(※1)」ということをさせてみました。

 

運動や水分・塩分を多めに摂らせることで、朝から午前中にかけて起こる頭痛や立ちくらみといった症状がだんだんと和らいでいった気がします。
肝心の朝起きられない方はどうだったかというと、こちらは他の体験談同様、やはり時間が掛かりました。

 

うちの子供が起きられるようになり、不登校を脱出できたのは治療を始めてから1年半後くらいだったと記憶しています。

 

ですが他のサイトなどを見ていると、全く改善されないという話もちらほらあったので、うちの子は早く治った方ではないかなと思います。

 

おそらく、体験談を参考にその真似をしていたので、無駄なく効率的に治療できたおかげですね。

 

※本記事はあくまで本人の体験に基づく感想です。

『子供が起きられない原因が分からない(Yさんの場合)』のまとめ

Yさんは当サイトの体験談を参考にしていただいたということで、Yさんにも、体験談を提供してくださった他のお母さん達にも御礼申し上げたいと思います。
やはり、同じ状況に置かれた先輩の話を参考にするのは改善の近道かもしれませんね。
Yさんの体験談も誰かの助けになることを切に願っております。

 

(※1)Yさんの体験談内にあった「サプリメント」とは、当サイトでご紹介している『キリツテイン』のことです。
※キリツテインの詳細についてはこちらで紹介しています>>

 

 

関連ページ

子供が起きられなくなって不登校になった話(管理人の場合)
管理人の子供は中学生になってからだんだんと朝起きることができなくなり、ついには不登校になってしまいました。原因は「起立性調節障害」。不登校になるまでと治療の実体験を紹介いたします。
子供が起きられないのは「睡眠相後退症候群」のせいだった
管理人が自信の子供の「起立性調節障害」を治療していく中で知り合ったSさんから聞いた話です。Sさんの子供さんの場合は「睡眠相後退症候群」でした。
子供が「非24時間睡眠覚醒症候群」で不登校になった
管理人が知り合ったWさんのお話です。Wさんの子供さんは「非24時間睡眠覚醒症候群」が原因で学校生活を送るのが困難になり、不登校になってしまったそうです。
子供が起きない「起立性調節障害」と闘った話
子供が起きなくなる「起立性調節障害」に苦しみ闘ったIさんのお話です。管理人の子供も同じように苦しんでいたので、気持ちは痛いほど分かります。
子供が起きない「睡眠相後退症候群」の原因はストレスだった
子供が起きられなくなったのは「睡眠相後退症候群」が原因であると診断されたTさんのお話です。Tさんの子供さんは過度なストレスによって「睡眠相後退症候群」になってしまいました。
【絶対に起きられる!?】「インティスクエア」を使ってみた
光で起こす目覚まし「inti SQUARE(インティ スクエア)」を使ってみたら、子供がすんなり起きてくれるようになった!その実体験をご紹介いたします。
不登校になったのは朝起きられないのが原因?(Uさんの場合)
Uさんの子供が不登校になったのは睡眠障害の一種である「起立性調節障害」が原因で朝起きられなくなったためだということです。
子供が起きられなくなったので病院に行ってみた話
Oさんの子供さんは中学3年生になり突然起きられなくなったそうです。原因が全く分からずいくつも病院を転々とし、大変だった当時の様子を教えていただきました。
【子供が起きられない原因】睡眠相後退症候群
Eさんの子供さんは概日リズム睡眠障害の「睡眠相後退症候群」になってしまったそうです。睡眠障害への気付きと対策・治療についてご紹介いたします。
【子供が起きない原因】うつ病かと思ったら起立性調節障害だった
Wさんの子供さんは中学生の時に「起立性調節障害」になられたそうです。最初は起きられなくなった原因も分からず、病院では「うつ病かもしれない」と言われてしまったそうです。
子供が起きないのは慢性的な睡眠不足が原因だった!
うちの子供は中学生のある日突然朝起きられなくなりました。原因は慢性的な睡眠不足による睡眠障害。具体的な原因と我が家で行った対策方法についてご紹介いたします。
子供が起きない原因は気を使いすぎることのストレスだった!?
子供が起きない原因となる病気の「起立性調節障害」は、思春期の身体の成長と自律神経とのバランスが崩れることで起こる病気ですが、その他の原因としてストレスがあるようです。
子供が起きない原因はロングスリーパーにあった!?
子供がなかなか起きないとお悩みのお母さん達は多いと思います。もしかしたら子供さんが起きない原因は「ロングスリーパー」のせいで睡眠障害になっているからかもしれません。
子供が起きない原因の対策に「インティスクエア」を使ってみた
子供が睡眠相後退症候群で起きられなくなってしまったので、対策としてネットで評判の「インティスクエア」を買ってみました。その体験談を紹介いたします。
子供が起きない原因が起立性調節障害なら「キリツテイン」が効く!?
子供が朝起きない原因の一つに「起立性調節障害」がありますが、そんな時には「キリツテイン」というサプリメントが良いと聞いたので試してみました。
友人から子供が起きないという相談を受けました
友人から子供が起きないという相談を受けこちらのサイトを紹介しました。友人の相談内容や原因解決の一連の流れの掲載許可をもらったので話したいと思います。
子供が起きない原因は寝不足や怠けじゃなかった!
子供が朝なかなか起きないのは寝不足や怠けが原因とは限りません。思春期の子供は「起立性調節障害」という睡眠障害の可能性がありますし、もしかしたら体内時計が崩れて「睡眠相後退症候群」になっているのかも!?
子供が起きられない原因には「高照度光治療」が効く!?
我が家の子供もこちらのサイトで紹介されている体験談のように、朝おきられなくなってしまいました。そこで、話に効く「高照度光治療」を試してみたので、その体験談を紹介いたします。

 
トップページ 起立性調節障害 うつ病との違い 睡眠相後退症候群 非24時間睡眠覚醒症