トップへ戻る

子供が起きない「起立性調節障害」と闘ったIさんの話

Iさんの子供さんも私の子供と同じく「起立性調節障害」に苦しんでおられました。
Iさんと出会ったのはちょうど私の子供の治療中のことで、Iさんの子供さんも無事治療に成功したため、当サイトに体験談を掲載させていただけることになりました。

子供が起きない原因は「起立性調節障害」だった

※以下、Iさん主観でのお話になります。

 

私の子供も管理人さんの子供さんと同じく中学生の時に「起立性調節障害」になりました。管理人さんと出会った睡眠外来の先生によると「思春期特有の自律神経の乱れが原因だろう」ということでした。
管理人さんのサイトでも書かれている「起立性調節障害」の特徴に見事に合致するような症状が出ていたので、「やっぱりな」という感想でした。
具体的には、

  • 朝は起きられず午前中はぐったりとしている
  • 朝は食欲が無く朝食を食べない
  • 立ちくらみが頻繁に起こる
  • 午前中に頭痛がすることが多い

といった症状です。

 

頭痛

 

うちの子供の場合は起立性調節障害の中の「起立直後性低血圧」というタイプでした。立ちくらみが頻繁に起こるのが主な症状のようです。

 

病院の先生からは「特効薬などはない。根気強く改善を図っていくしかない」と言われ、そこから対策方法を色々と試し始めました。
水を良く飲ませたり、塩分を摂らせたり、運動をさせたりして血圧を上げるための方法を色々と試してみました。
始めてすぐに効果が出るものでもないので、先生に言われた通り根気強くやっていくしかないな、という感じでした。

 

血圧を上げるのは「起立性調節障害」を治すためというわけではなく、立ちくらみを改善していくため、ということでした。
立ちくらみが頻繁に起きると単純に危ないですしね。

 

でも、やはり一番困るのは「起立性調節障害」のせいで起きられないことですね。結局起きられないせいで学校へは遅刻をするようになり、最終的にほとんど学校へ行けない不登校状態になってしまいました。
本人は「ちゃんと学校へ行きたい」という思いがあるようなのですが、それに反して身体は起きてくれない、だから余計悩んでしまっていました。

管理人さんに薦められて

血圧を上げるために生活習慣を見直しても、やはり根本的な解決にはならず、一向に朝起きられるようにはなりませんでした。
そんな時、同じ睡眠外来に通われていた管理人さんと知り合い、話をしていく中で管理人さんの治療法を聞き、取り入れてみることにしました。

 

管理人さんは私と同じように子供の生活習慣を見直されていたことに加えて、サプリメントを使われているということで、半信半疑でしたがうちも試してみようと思いました。
返金保証もあるようだったので、ダメで元々、とりあえず試してみようという感じです。

 

教えていただいた「キリツテイン」を使いながら相変わらず生活習慣の見直しも続けていたところ、1ヶ月程で”なんとなく”ですが症状が和らいだ気がしました。
気のせいかも知れないが一応サプリを続けてみよう、と思い2ヶ月、3ヶ月と服用を続けさせてみたところ、3ヶ月目で目に見えて効果を感じ始めました。
生活習慣の見直しだけを続けていた3ヶ月と比べて、起きてくる時間が早くなりました。
立ちくらみや頭痛の頻度も減りましたし、これは効果があるな、と思いそのままキリツテインを使い続けていたところ、半年ほどで登校に間に合う時間に起きられるようになり、朝ごはんもきちんと食べるようになりました。

 

キリツテイン

 

そこから1ヶ月ほど様子を見ながら学校に少しずつ行けるようになり、さらに1ヶ月もするときちんと毎日登校できるようになったのです。

 

これが本当にキリツテインというサプリのおかげなのかどうかは分かりませんが、うちの子供は無事に不登校から復帰することができました。
あそこで管理人さんに出会わずいたらきっとまだうちの子供は起きられずに苦しんでいたでしょう。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

※本記事はあくまで本人の体験に基づく感想です。

『子供が起きない「起立性調節障害」と闘った話(Iさんの場合)』のまとめ

Iさんは私に感謝をしてくれていますが、私としては本当にただ自分が子供にしている治療法を話しただけなので、感謝されるのはなんだか恐縮です。
結果として、Iさんの子供さんも無事に「起立性調節障害」を克服し、起きられるようになって登校できるようになったことに私も自分の子供のように嬉しく思います。

 

コラム1〜4までご覧いただいた方なら分かると思いますが、子供の睡眠障害はやはり回復するのに最低でも1年〜2年はかかってしまうもののようです。
だからこそ、できるだけ早く対策をしてあげることが肝要ですね。

 

※キリツテインの詳細についてはこちらで紹介しています>>

関連ページ

子供が起きられなくなって不登校になった話(管理人の場合)
管理人の子供は中学生になってからだんだんと朝起きることができなくなり、ついには不登校になってしまいました。原因は「起立性調節障害」。不登校になるまでと治療の実体験を紹介いたします。
子供が起きられないのは「睡眠相後退症候群」のせいだった
管理人が自信の子供の「起立性調節障害」を治療していく中で知り合ったSさんから聞いた話です。Sさんの子供さんの場合は「睡眠相後退症候群」でした。
子供が「非24時間睡眠覚醒症候群」で不登校になった
管理人が知り合ったWさんのお話です。Wさんの子供さんは「非24時間睡眠覚醒症候群」が原因で学校生活を送るのが困難になり、不登校になってしまったそうです。
子供が起きない「睡眠相後退症候群」の原因はストレスだった
子供が起きられなくなったのは「睡眠相後退症候群」が原因であると診断されたTさんのお話です。Tさんの子供さんは過度なストレスによって「睡眠相後退症候群」になってしまいました。
【絶対に起きられる!?】「インティスクエア」を使ってみた
光で起こす目覚まし「inti SQUARE(インティ スクエア)」を使ってみたら、子供がすんなり起きてくれるようになった!その実体験をご紹介いたします。
不登校になったのは朝起きられないのが原因?(Uさんの場合)
Uさんの子供が不登校になったのは睡眠障害の一種である「起立性調節障害」が原因で朝起きられなくなったためだということです。
子供が起きられない原因が分からない
Yさんの子供さんも突然朝起きられなくなり、不登校になってしまったそうです。Yさんは子供さんが起きられない原因が分からず悩んでいたそうですが、当サイトに訪問されたのをきっかけに原因の発見に繋がったそうです。
子供が起きられなくなったので病院に行ってみた話
Oさんの子供さんは中学3年生になり突然起きられなくなったそうです。原因が全く分からずいくつも病院を転々とし、大変だった当時の様子を教えていただきました。
【子供が起きられない原因】睡眠相後退症候群
Eさんの子供さんは概日リズム睡眠障害の「睡眠相後退症候群」になってしまったそうです。睡眠障害への気付きと対策・治療についてご紹介いたします。
【子供が起きない原因】うつ病かと思ったら起立性調節障害だった
Wさんの子供さんは中学生の時に「起立性調節障害」になられたそうです。最初は起きられなくなった原因も分からず、病院では「うつ病かもしれない」と言われてしまったそうです。
子供が起きないのは慢性的な睡眠不足が原因だった!
うちの子供は中学生のある日突然朝起きられなくなりました。原因は慢性的な睡眠不足による睡眠障害。具体的な原因と我が家で行った対策方法についてご紹介いたします。
子供が起きない原因は気を使いすぎることのストレスだった!?
子供が起きない原因となる病気の「起立性調節障害」は、思春期の身体の成長と自律神経とのバランスが崩れることで起こる病気ですが、その他の原因としてストレスがあるようです。
子供が起きない原因はロングスリーパーにあった!?
子供がなかなか起きないとお悩みのお母さん達は多いと思います。もしかしたら子供さんが起きない原因は「ロングスリーパー」のせいで睡眠障害になっているからかもしれません。
子供が起きない原因の対策に「インティスクエア」を使ってみた
子供が睡眠相後退症候群で起きられなくなってしまったので、対策としてネットで評判の「インティスクエア」を買ってみました。その体験談を紹介いたします。
子供が起きない原因が起立性調節障害なら「キリツテイン」が効く!?
子供が朝起きない原因の一つに「起立性調節障害」がありますが、そんな時には「キリツテイン」というサプリメントが良いと聞いたので試してみました。
友人から子供が起きないという相談を受けました
友人から子供が起きないという相談を受けこちらのサイトを紹介しました。友人の相談内容や原因解決の一連の流れの掲載許可をもらったので話したいと思います。
子供が起きない原因は寝不足や怠けじゃなかった!
子供が朝なかなか起きないのは寝不足や怠けが原因とは限りません。思春期の子供は「起立性調節障害」という睡眠障害の可能性がありますし、もしかしたら体内時計が崩れて「睡眠相後退症候群」になっているのかも!?
子供が起きられない原因には「高照度光治療」が効く!?
我が家の子供もこちらのサイトで紹介されている体験談のように、朝おきられなくなってしまいました。そこで、話に効く「高照度光治療」を試してみたので、その体験談を紹介いたします。

 
トップページ 起立性調節障害 うつ病との違い 睡眠相後退症候群 非24時間睡眠覚醒症