トップへ戻る

友人の子供が起きない原因はやはり起立性調節障害でした

ご友人から子供が朝起きないという相談を受けた際に、当サイトを紹介いただいたということでご連絡をいただきました。

 

ご友人の子供さんが起きない原因はどうやら「起立性調節障害」だったようですが、無事に解決できたということで当サイトに事例として紹介させていただけないかとお伺いしたところ、快諾していただけましたので紹介させていただきます。

友人の子供が起きない原因は「起立性調節障害」だった

※以下、当サイトにご連絡いただいたYさんの主観でのお話になります。

 

私は友人から「子供が朝全然起きてくれないんだけどみんなそうなの?」という相談を受けました。
私と友人は同級生ですが、私の方が早くに結婚しており、私の子供は上の子供が高校2年生、下の子供が中学2年生、問題の友人の子供は中学生になったばかりでした。

 

友人が私に相談してきたのは自分の子供よりも年上の子供がいるということで、私の子供が友人の子供と同い年の時はどうだったのかを知りたいためだったそうです。

 

友人の話によると友人の子供は小学生の頃から朝が弱かったようですが、起きないということはなく、学校もきちんと行っていたそうです。
それが中学生に上がってからしばらくすると目覚ましが鳴っても起きない、友人が起こしに行っても起きない、という感じで学校を遅刻する回数が増え、しまいにはほとんど午後の授業だけ出席するような状態になってしまったそうです。

 

その話を聞かされても、私の子供達はそのようなことはなかったので、何もアドバイスできるようなことはありませんでした。
最初は「夜更かしが原因じゃない?」などと話していたのですが、どうやらそういうわけでもなさそうでした。

 

せっかく相談してもらったのに何も力になってあげられないことにもどかしさを感じ、私なりに調べてみたところこちらのサイトに辿り着きました。

 

友人にサイトのことを教えてあげると、どうやら友人の子供は「起立性調節障害」という病気の症状に近いということが分かりました。
朝頭痛や目眩がしたり午後からは元気になって普通に生活が送れるといったところが当てはまったみたいです。

 

サイトに掲載されている色々なお母さん達の実体験を参考に対策を取ってみようということになり、まずは本当に起立性調節障害なのかどうかを確かめるべく、友人は睡眠外来に子供を連れていきました。
結果はやはり起立性調節障害だろうということでした。他のお母さん達の実体験と同じように、生活習慣の見直しに改善していきましょうと言われたそうです。

 

医者から言われたことを守りつつ、サイトでもよく登場している「キリツテイン」と「インティスクエア」を買って試してみようということになり、使い始めました。

 

友人からは定期的に連絡をもらって様子を聞いていたのですが、生活習慣の見直しと「キリツテイン」「インティスクエア」を使い始めて2ヶ月程すると効果が現れたようです。
まず朝の気だるさや頭痛の頻度が減った、起きる時間が少しずつ早まってきたということだったので、そのままその対策を続けたところ、半年ほど経つとすっかり良くなり、朝も普通に起きて学校もちゃんと行けるようになったと連絡をもらい、私もホッとしました。

 

以上が私の友人の子供の話です。こちらのサイトを参考させていただいたお陰で比較的早急に解決できました。ありがとうございます。

 

※本記事はあくまで本人の体験に基づく感想です。

『友人から子供が起きないという相談を受けました』のまとめ

無事に友人の子供さんが起きられるようになられて良かったです。

 

当サイトで紹介している実体験については、あくまでその子供さんの場合の原因と解決法なので、まずは専門家に相談されることが肝要ですね。

 

その上で他のお母さん方の実体験を参考にされるのが良いのかなと思います。Yさんのご友人の子供さんはまさに最適な対策をされたのではないかと管理人的には思っております。

関連ページ

子供が起きられなくなって不登校になった話(管理人の場合)
管理人の子供は中学生になってからだんだんと朝起きることができなくなり、ついには不登校になってしまいました。原因は「起立性調節障害」。不登校になるまでと治療の実体験を紹介いたします。
子供が起きられないのは「睡眠相後退症候群」のせいだった
管理人が自信の子供の「起立性調節障害」を治療していく中で知り合ったSさんから聞いた話です。Sさんの子供さんの場合は「睡眠相後退症候群」でした。
子供が「非24時間睡眠覚醒症候群」で不登校になった
管理人が知り合ったWさんのお話です。Wさんの子供さんは「非24時間睡眠覚醒症候群」が原因で学校生活を送るのが困難になり、不登校になってしまったそうです。
子供が起きない「起立性調節障害」と闘った話
子供が起きなくなる「起立性調節障害」に苦しみ闘ったIさんのお話です。管理人の子供も同じように苦しんでいたので、気持ちは痛いほど分かります。
子供が起きない「睡眠相後退症候群」の原因はストレスだった
子供が起きられなくなったのは「睡眠相後退症候群」が原因であると診断されたTさんのお話です。Tさんの子供さんは過度なストレスによって「睡眠相後退症候群」になってしまいました。
【絶対に起きられる!?】「インティスクエア」を使ってみた
光で起こす目覚まし「inti SQUARE(インティ スクエア)」を使ってみたら、子供がすんなり起きてくれるようになった!その実体験をご紹介いたします。
不登校になったのは朝起きられないのが原因?(Uさんの場合)
Uさんの子供が不登校になったのは睡眠障害の一種である「起立性調節障害」が原因で朝起きられなくなったためだということです。
子供が起きられない原因が分からない
Yさんの子供さんも突然朝起きられなくなり、不登校になってしまったそうです。Yさんは子供さんが起きられない原因が分からず悩んでいたそうですが、当サイトに訪問されたのをきっかけに原因の発見に繋がったそうです。
子供が起きられなくなったので病院に行ってみた話
Oさんの子供さんは中学3年生になり突然起きられなくなったそうです。原因が全く分からずいくつも病院を転々とし、大変だった当時の様子を教えていただきました。
【子供が起きられない原因】睡眠相後退症候群
Eさんの子供さんは概日リズム睡眠障害の「睡眠相後退症候群」になってしまったそうです。睡眠障害への気付きと対策・治療についてご紹介いたします。
【子供が起きない原因】うつ病かと思ったら起立性調節障害だった
Wさんの子供さんは中学生の時に「起立性調節障害」になられたそうです。最初は起きられなくなった原因も分からず、病院では「うつ病かもしれない」と言われてしまったそうです。
子供が起きないのは慢性的な睡眠不足が原因だった!
うちの子供は中学生のある日突然朝起きられなくなりました。原因は慢性的な睡眠不足による睡眠障害。具体的な原因と我が家で行った対策方法についてご紹介いたします。
子供が起きない原因は気を使いすぎることのストレスだった!?
子供が起きない原因となる病気の「起立性調節障害」は、思春期の身体の成長と自律神経とのバランスが崩れることで起こる病気ですが、その他の原因としてストレスがあるようです。
子供が起きない原因はロングスリーパーにあった!?
子供がなかなか起きないとお悩みのお母さん達は多いと思います。もしかしたら子供さんが起きない原因は「ロングスリーパー」のせいで睡眠障害になっているからかもしれません。
子供が起きない原因の対策に「インティスクエア」を使ってみた
子供が睡眠相後退症候群で起きられなくなってしまったので、対策としてネットで評判の「インティスクエア」を買ってみました。その体験談を紹介いたします。
子供が起きない原因が起立性調節障害なら「キリツテイン」が効く!?
子供が朝起きない原因の一つに「起立性調節障害」がありますが、そんな時には「キリツテイン」というサプリメントが良いと聞いたので試してみました。
子供が起きない原因は寝不足や怠けじゃなかった!
子供が朝なかなか起きないのは寝不足や怠けが原因とは限りません。思春期の子供は「起立性調節障害」という睡眠障害の可能性がありますし、もしかしたら体内時計が崩れて「睡眠相後退症候群」になっているのかも!?
子供が起きられない原因には「高照度光治療」が効く!?
我が家の子供もこちらのサイトで紹介されている体験談のように、朝おきられなくなってしまいました。そこで、話に効く「高照度光治療」を試してみたので、その体験談を紹介いたします。

 
トップページ 起立性調節障害 うつ病との違い 睡眠相後退症候群 非24時間睡眠覚醒症